住宅ローンの繰り上げ返済以外の負担軽減方法

私、住宅ローンを組んだのが一昨年です。

33歳の時。

 

35年ローンなので繰り上げ返済をしないと68歳まで借金返済しないといけない(;´Д`)

定年過ぎてますね・・・

今の時代定年過ぎても働いてる人も多いので最悪動ける間は働いてもいいんですけどできるならもっと早く引退したい!

 

今の仕事は肉体労働なので続けれる自信がないだけですけど。

 

どの返済方法がいいかはまだ悩み中なのでまとめるだけまとめようと思います。

 

 住宅ローンの負担軽減方法 

繰り上げ返済


マイホームを購入するとほとんどの人は住宅ローンを組んで毎月ローンの支払いをします。

この支払ってる額は元本と利息を合わせたものです。

 

繰り上げ返済をすると元本の部分の返済にまとまったお金が充てられるのでその後の支払う利息が少なくなるってことです。

 

この繰り上げ返済には二つの返済方法があります。

 

期間短縮型


そのままの意味で返済期間が短くなる。

返済期間が短くなった分、払うはずだった利息がなくなるので利息軽減の効果が大きい。

 

利息軽減はともかく定年までに支払いを終わらせたいのでこの期間短縮型が濃厚です。

最低でも3年分は繰り上げ返済しないと定年後も働かないといけない状況になっちゃう(^^;

 

返済額軽減型


こっちは返済期間は変わらないですけど毎月の返済額が少なくなる。

 

正直あまりこのメリットを感じないです。

毎月の返済額が少なくなるっていっても大した事ない金額だからです。

 

なので返済額軽減は考えないでいいかな?

 

毎月の返済額の増額


この返済方法は知らなかったです。

金融機関によってできるとことできないとこがあるらしいですけど。

 

効果は毎月の返済額を増やすことによって利息と期間が短縮できる。

 

これのいいところはまとまった金額がなくてもいいところ。

他の繰り上げ返済だと100万とか貯まるまでが時間がかかって大変です。

 

保険の見直しだったり給料が上がったりして毎月自由に使えるお金が数千円でも増えたらその分を住宅ローンの支払いに回せるのは便利。

 

毎月の返済額をどのくらい増やせばどのくらい期間短縮できるのかわからないですけど3年くらいなら数千円の増額でいけそうな気がする。

問題なのは私のお世話になってる金融機関で返済額の増額をやってくれるかどうか。

無理だったら普通に繰り上げ返済するしかない(^^;

 

ネットで調べてもこの情報がでてこないからやってくれない気がする・・・。

ダメ元で時間ある時に直接問い合わせてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA