FXの注文方法~OCO,IFD,IFO~

FXの注文方法を簡単にまとめます!

英語ばっかでわかりにくいけど慣れるまでの辛抱ってことで。

OCO注文


指値注文と逆指値注文を同時に予約できる。

そして片方の注文約定したらもう片方の注文はキャンセルされるのが便利。

 

ポジション持ったらすぐにこれを入れれば感情に流されてするトレードはなくなるかもしれないです。

 

エントリーする前に相場の予想を立てて利確と損切の価格を決めておく。

エントリーはストリーミング注文でもいいけど注文を入れたらすぐOCO注文をいれておけば決済されるのを待つだけ。

 

利確できたら相場の読み通りってことだし損切したらその原因を調べれば勝率上がっていくかもしれないですね。

やってみないとわからないですけど(^^;

 

私の場合、チャートを見れる時間が短いからエントリーでOCO注文は使いにくい気がします。

 

IFD注文


エントリーと決済の注文を同時にだせる。

ただ両方とも一つずつしか注文できないのかな?

 

エントリーする時は指値、逆指値のどっちかでもいいけど決済の時がちょっと心配。

利確の指値注文をいれてチャート離れたらものすごい含み損を抱えてるなんてことにもなりかねない。

逆だったらいいから損切の方に注文いれておけばいいのかな?

 

IFO注文


私がメインで使おうとしてるのがこれ!

OCO注文とIFD注文を組み合わせた注文方法。

 

エントリーする時の注文と決済する時の指値注文と逆指値注文を全部一緒に予約できる注文方法。

文字にすると説明が難しい・・・

 

この注文方法だとチャートを見てなくてもエントリーから決済までやってくれます。

早速一回使ってみたけどちゃんと損切されてました(T_T)…笑

 

あとはエントリーと決済のタイミングをどうするか自分ルールを作らないと。

ここが難しいですけどしばらくデモトレードで様子みようと思います。

 

デイトレードかスイングトレードでやってくつもりだからファンダメンタルズの勉強も進めないといけません・・・。

ここが難しくて大変。

 

なんせ見なきゃいけなさそうな経済指標がいっぱいあってどうなったら為替が動くとかややこしいです。

経済新聞の意味がわかるようになるまで頑張って勉強します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA