年金にも税金がかかる!?

本読んでて初めて知りました。

 

定年退職した後にもらう年金にも税金がかかることを(;゚Д゚)

 

ただでさえもらえる年金少ないのにそこからさらに税金が引かれるなんて・・・

 

ちなみに自分が実際にもらえる年金の受給額って確認することできます。

それによると私が今の仕事を65歳まで続けて給料が今のままだったとすると15万弱でした。

ここらへんのことは別記事にして書こうと思います。

 

では早速・・・

公的年金の種類


公的年金って自分の意志で入る、入らないを決められないやつらしいです。

20歳を過ぎたら『国民年金』に加入。

会社に勤めるようになったら『厚生年金』に加入します。

 

公的年金はここまで。

 

この他に企業年金と個人年金があるみたいですけど今回は公的年金に絞ります。

 

公的年金控除


年金にかかる税金を計算するのに『公的年金控除』を知っておく必要があります。

年金を受給する年齢、収入金額によって控除額が変わってくるからです。

 

下は国税庁のHPに載ってる課税所得の計算方法です。

◇公的年金等に係る雑所得の速算表

公的年金等の収入金額 公的年金等に係る雑所得の金額
65歳未満の方 70万円以下 0円
70万円超130万円未満 収入金額-70万円
130万円以上410万円未満 収入金額×0.75-37万5千円
410万円以上770万円未満 収入金額×0.85-78万5千円
770万円以上 収入金額×0.95-155万5千円
65歳以上の方 120万円以下 0円
120万円超330万円未満 収入金額-120万円
330万円以上410万円未満 収入金額×0.75-37万5千円
410万円以上770万円未満 収入金額×0.85-78万5千円
770万円以上 収入金額×0.95-155万5千円

注:平成29年分の所得税については、65歳未満の方とは昭和28年1月2日以後に生まれた方、65歳以上の方とは昭和28年1月1日以前に生まれた方になります。国税庁のHPより

私のもらえる年金が年に180万くらいなのでこれを例にしてみます。

ちなみに年収500万で38年勤務した場合にもらえる年金の目安です。

 

控除額は65歳以上と未満で変わってくるみたいですけど定年まで働いた計算でいきます。

 

180万の控除額は120万なのでその分が控除されて残りの60万に税金がかかってきます。

 

公的年金にかかる税率は5.105%なので60万に掛けます。

600,000×5.105=30,630

 

これが年に引かれる税金なので月だと3,000円くらいですかね。

 

この税率は『扶養親族等申告書』というのを提出しないといけないみたい。

これを提出しなかった場合の税率は10.21%なので倍になっちゃうんですね(^^;

 

計算方法も変わってくるらしいんですけど混乱してきたんでこれ以上はやめときましょう・・・。

 

ホント知らないと損することいっぱいです。

 

年金で生活できるか?


税金が引かれて実際にもらえる公的年金が14万くらい。

ここから介護保険料だったり健康保険料だったりを払いながら生活するとなるとかなり厳しい気がします(T_T)

 

公的年金だけの話なので他に貯金したり個人年金でどのくらい備えることができるかですね。

 

年金の収入が増えれば控除額の計算方法も変わってくるのでその都度見直さないといけません。

そこまで変わらないと思いますけどね。

 

定年前に年金をもらうと控除額が少なるなるらしいので早期リタイヤを考えるならそのことも考えないと。

 

年金の受給額も二年くらい前に見たやつなのでまた確認してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA