住宅ローン控除は税額控除

今回はお金の勉強です!

前に住宅ローン控除で戻ってくるお金が少ないって記事を書きました。

コチラ

所得税と住民税から最大1%還付されるのが住宅ローン控除。

んでこの住宅ローン控除が『税額控除』っていうものらしい。

この税額控除がどういうものか調べてみました!

税額控除とは


計算された税額から一定額を差し引く。

住宅ローン控除が税額控除の一つでこの場合の計算された税額っていうのが所得税と住民税。

そこから一定額の1%が引かれる。

この所得税と住民税がどうやって決まるかも調べてみました。

 

所得税とは


その年一年間(1月1日から12月31日)の所得からいろんな所得控除を引いた額に対して、その額に応じた税率をかけた金額です。

 

所得から所得控除を引いた額を『課税所得』といいます。

『課税所得』のよってかける税率が変わることを『累進課税』というらしい。

 

ここでややこしいのが『所得』というもの。

『収入』と『所得』のちゃんとした違いも確かめておきます。

 

収入と所得の違い


年収いくら?とか話すことがありますがこの年収は『収入』のことを言ってます。

給料明細や源泉徴収票でいうと何も引かれてない総支給額のことです。

 

この一年間の収入から給与所得控除額を引いたのが『所得』です。

細かくいうと給料をもらって得た所得を『給与所得』っていうみたい。

 

所得税の計算をする時、給与所得以外にも収入がある場合はそれも足して計算しないといけないらしい。

 

他の収入っていうのは『事業所得意』『不動産所得』、『利子所得』とかいろいろ。

私の収入は給料だけなので給与所得しかないってことを前提に話しますね。

 

住民税とは


1月1日の住所地で課税されるみたいです。

課税されるのは所得税と違って前年の所得に対して。

住んでる地域によって変わってくるので細かい計算等は省略します。

 

住民税の説明こんな簡単に終わった(笑)

 

所得控除とは


年収から給与所得控除額を引いた金額を給与所得といいました。

給与所得から所得控除額を引いたのが課税所得です。

※収入が給与所得しかない場合です

 

この所得控除にはどういったものがあるかというと人によってさまざま。

 

だれにでも適用される『基礎控除』

一般的なところで『配偶者控除』『社会保険料控除』『生命保険料控除』等

 

家族構成や保険の加入なんかによって控除されるものが変わってきます。

ここは長くなりそうなので細かくは別の機会に勉強したいと思います。

 

給与所得からこれらの所得控除を引いたのが課税所得です。

 

この課税所得に一定の税率をかけてでた税額から一定額を引くのが『税額控除』でした。

 

ややこしいです(T_T)

一回じゃ覚えきれない・・・

このブログを備忘録がわりにしてわからなくなったら見直そう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA